恋愛

【体験談】同棲にかかった初期費用と生活費|新居への引越しで必要な物とは?

【体験談】同棲にかかった初期費用と生活費|新居への引越しで必要な物

恋人と同棲を始める時、「どれくらいお金がかかるの?」と悩む人は多いのではないでしょうか。

お互いが実家暮らしの場合は、全てを新しく揃えるとなると意外とお金がかかります。

今回は、「何もない状態から同棲を始めた場合」いくらくらい費用がかかるのか、実体験を元にお話したいと思います!

同棲を始める前にかかった費用

私たちカップルが、始めにどれくらいの予算で同棲を始めようと思っていたかというと…

ズバリ、予算60万。1人30万円の予定でした。

結果、全然足りなくなったわけですが、どこにお金がかかったのかを見ていきたいと思います!

①初期費用の合計金額

家賃(1ヶ月分) ¥50,000
共益費 ¥2,000
敷金 ¥50,000
礼金
駐車料(2台分) ¥5,500
町内会費 ¥800
家財保険 ¥15,000
インターネット料金 ¥5,200
合計 ¥128,500

住みたい地域や契約する不動産でも結構変わってくる初期費用。

私は在宅ワークで、彼は通勤用と個人用の車を2台持っていたので、田舎の方の割と安めの物件を探して家賃を安く抑えました。

同棲に必要な部屋の広さは最低でも1LDKはあった方が良いと思います。1LDKはリビングとは別にもう一部屋あるイメージですが、私たちはゲームをする用にもう一部屋欲しかったので2LDKのお部屋を探しました。

都会の方に会社がある方や憧れの街に住みたいという方はもっと高くなってしまうと思いますが、家賃は毎月発生する固定費用なので、できればなるべく安く抑えたいところですね♪

また、家賃を値下げしてもらえるか不動産の方に聞いたところ、それは難しいということでした。家賃を下げてもいいから早く人を入れたいと思っている大家さんもいるとは思うので、ダメもとで聞いてみるのもありだと思います。

②家具家電の合計金額

冷蔵庫(335L) ¥133,000
テレビ 私が持っていた物を使用
テレビボード ¥24,000
センターテーブル ¥30,000
2人掛けソファ ¥22,000
洗濯機(5kg) ¥23,000
ダブルベッド・寝具類 ¥100,000
カーテン(2部屋分) ¥10,000
電子レンジ ¥19,000
キッチンボード ¥26,000
コンロ ¥23,800
ゲーム用折り畳みテーブル(2台分) ¥10,000
照明器具(3部屋分) ¥30,000
サイドテーブル ¥10,000
エアコン ¥60,000
合計 ¥520,800

私たちが1番お金をかけたところは家具家電でした。

お互いに「購入したら何年も使い続ける物だからこそ、妥協したくない」という意見で合致したため、日々使う物にはお金をかけようということになりました。

その中でも特に冷蔵庫は奮発して13万円超えの大きめサイズを購入し、家族が増えても使い続けられるような物を選びました。

家具家電にお金をかけすぎた…と思うこともありますが、やはり気に入った物に囲まれて生活するのは幸福度が上がったような気がします。

少しでも安く手に入れるために、ポイントの還元率が良い時に購入したり、楽天やAmazonなどいくつかのショップを比較して下調べを十分にしてから購入するようにしていました。

Amazonは最安値で購入できるので便利ですが、楽天はスーパーセールやお買い物マラソンを利用するとめちゃくちゃポイントが貯まるのでおすすめです!

私はクレジット機能付きの楽天カードをメインに使用しています。

失敗したところ

洗濯は毎日しよう!ということで一人暮らし用の5kgサイズの物にしましたが、これは毎日洗濯でも小さすぎました。笑

同棲するなら最低でも7kgはあった方が良いです!

5kgの洗濯機にパンパンに詰め込んで洗濯すると、洗えていない箇所があったりしてかなり残念な結果になってしまいました…

③生活必需品の合計金額

生活必需品は購入した物の数が多く、内訳がわからなくなってしまったので、大体の費用をまとめて計算しました!表の下に購入した物をいくつか載せておきますので、「こんな物も必要なんだな」と参考になれば幸いです♪

キッチン用品 ¥120,000
掃除・収納用品 ¥20,000
バス・トイレ用品 ¥10,000
インテリア用品 ¥50,000
合計 ¥200,000くらい

キッチン用品

包丁、まな板、調味料入れ、保存容器、泡立て器、マルチブレンダー、電気ケトル、米びつ、キッチンタイマー、フキン、鍋敷、鍋つかみ、コースター、箸、箸置き、へら、しゃもじ、土鍋、フライパン、ボウル、ざる、バット、等。

掃除・収納用品

ゴミ箱、掃除用スプレー、洗剤、ハンガー、洗濯ハサミ、衣類収納ケース、ティッシュ、トイレットペーパー、等。

バス・トイレ用品

タオル、シャンプー、コンディショナー、洗顔、歯磨き粉、歯ブラシ、シャワーヘッド、等。

インテリア用品

カーペット、観葉植物、時計、座布団、等。

お互いが一人暮らしをしていなかったので、ほとんどの物を新しく購入する必要がありました。

ニトリや無印良品で揃えられるものは揃えて、こだわって選びたい場合は楽天やAmazonで比較してから購入するようにしていました。

特にキッチン用品は、お互いに料理が好きだったこともあり予想以上にお金がかかってしまいました…

全てまとめると

初期費用 ¥128,500
家具家電 ¥520,800
生活必需品 ¥200,000
合計 ¥849,300

お互い一人暮らしをしていなかったカップルが2LDKの部屋で新生活を始めた場合、約85万円ものお金がかかってしまいました。

キッチン用品にこだわりすぎて予算60万円を華麗にオーバーしてしまいましたが、もっと安くしようと思えば削れるところはたくさんあったと思います。

今の時代100均という素晴らしい味方もいますので、1人30万円もあれば十分に同棲は始められます!

次に同棲を始めた後にかかる生活費について内訳をご紹介します。

同棲を始めてからかかる生活費

同棲開始1ヶ月目の内訳まとめ

家賃 ¥50,000
共益費 ¥2,000
駐車料(2台分) ¥5,500
町内会費 ¥800
インターネット料金 ¥5,200
食費(2人分) ¥50,000
日用品 ¥10,000
電気 ¥12,300
ガス ¥6,700
水道(2ヶ月分) ¥8,300
合計 ¥150,800

将来のために貯金をしたり、趣味のために娯楽費がかかったりもしますが、大体20万円あれば2人で生活することは可能です!

Youtubeで拝見しましたが、節約して15万円で生活するご夫婦もいますよね。

私たちは毎月2万円ずつ貯金していこうという話になったので、2人で毎月20万円くらいあれば大丈夫という計算になりました。

【体験談】同棲にかかった初期費用と生活費|新居への引越しで必要な物 まとめ

インテリア
まとめ
  • 同棲にかかる初期費用は最低でも1人30万円は必要
  • 毎月にかかる生活費は2人で20万円前後
  • 新生活で必要なものは思ったよりもたくさんある

付き合っていれば、恋人と同棲したいと思うことも当然のことだと思います。大好きな人とはずっと一緒にいたいですよね!

しかし、時には病気になったり、車検が必要になったり、友達の結婚式があったりと、急に大きな出費が出てくる場合もあり得ます。

そういう時のためにも、毎月ギリギリの生活にならないように、恋人とよく話し合ってから同棲をスタートさせることをおすすめします。

幸せな同棲生活を送れる人が少しでも増えることを願っています。